風邪に効果一番の温かい飲み物は「しょうが湯」です

飲み始めたら手足が温かくなったような感じがし、少し汗も出てきました。血流をよくする飲み物、それはしょうが湯です。 風邪の引きはじめにしょうが湯を飲んだ経験があります。風邪は体力や免疫力が低下している際に引いてしまうそうです。そのため身体を温め機能を高めることで風邪の悪化するのを防ぎます。 体温が高熱のときには生のしょうがをすりおろし、ハチミツやレモンと一緒に湯で割って飲むと、熱を下げる効果に良いと言われているそうです。 昔から言われるように、しょうがに含まれる成分にはさまざまな効果があるようです。しょうがにはアスピリンと同じく、血液の凝固を抑制する作用があり、間接痛でお悩みの方にオススメです。ジンゲロンは、体内に適度な刺激を与えてくれるため、血液の循環がよくなるほか、発汗を高め新陳代謝を活発にし、内臓全体の元気も出てくるので、食欲の増進や疲労の回復に効果を発揮します。 また、夏バテなどで、食欲が出ない時や消化不良で胃腸の調子が悪いときにも効果的のようです。胃液と唾液の分泌を促しますので、食欲増進はもちろん、食べものの消化吸収にいい働きをしてくれます。 しょうが湯と言えば、冬のイメージが強いですが1年通して活躍でき、風邪薬の変わる役割を果たしてくれる飲み物です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ